SURGERY

保険の問題

がん治療の一種である免疫細胞治療とは

今までのがん治療とは、手術を行ってがん組織の摘出を最初に行い、次いで抗がん剤を投与して、がんの再発や転移を抑えてきました。また、手術が行えないような部分のがんに対しては、放射線を照射してがん組織を死滅させる治療法も行われてきました。 しかし、手術の場合は手術そのものにリスクが伴い、抗がん剤や放射線には激しい副作用があったのです。 がん治療の一種である免疫細胞治療とは、手術のリスクもなく、副作用もありませんから、理想的ながん治療法と言うことができます。しかし、その効果は誰にでも現れる訳ではなく、健康保険の適用もありませんから、高額な治療費がかかるのも事実です。しかし、今までの治療法とうまく組み合わせることで、より治療効果が上がるといった報告もあります。

まずは調べることから始めましょう

免疫細胞治療については、まずは調べることから始めましょう。そのためには、インターネットの利用が便利です。 免疫細胞治療とは、患者本人のT細胞や樹状細胞等を利用して行うがん治療です。要するに、自己免疫を強化させることでがん細胞を死滅させるのです。 本来私たちの身体の中では、常に少数のがん細胞が生まれ、自己免疫によってがん細胞の増殖を抑えているのです。しかし、何らかの原因によってがん細胞の増殖を抑えることができなくなると、がんを発症してしまうのです。 本来の免疫力を利用した免疫細胞治療は、自然の治癒力を活かした民間療法とも言えます。ですから、信頼できる病院を探して十分に検討した上で治療を受けるようにしましょう。