SURGERY

注目の治療

放射線治療における最前線

頭部領域におけるがんや腫瘍は、外科的手術が従来より行われてきました。それと同時にガンマーナイフと呼ばれる放射線治療も行われてきました。これらの治療は、がんや腫瘍の大きさ、種類、位置などによって選択されるものであり、放射線治療が可能な場合では、全身麻酔や切開することなく治療を行えるものでした。 現在では、サイバーナイフと呼ばれる放射線治療が開発され、ガンマーナイフより患者負担が少なく効率的な病巣への放射線治療が可能となっています。全ての放射線治療における問題点は、正常組織への放射線障害です。深部にある病巣へ的確に集中させる放射線治療が望まれるものですが、サイバーナイフ以外では、人による計画に基づいて照射を行うため、わずかなエネルギーのズレが生じてしまいます。また、患者の動きなどによってもズレは生じてしまいます。しかし、サイバーナイフでは、人による計画に加えロボットの補助的修正によって、あらゆるわずかなズレも克服しています。今後、サイバーナイフによる放射線治療は数多くの患者を救うものとなり、現在よりもはるかに普及される装置となる予想がなされます。

サイバーナイフにおける対象疾患

ガンマーナイフは、頭部専用の放射線治療装置として知られています。一方、サイバーナイフでは、頭部に加え頚部にも用いられる放射線治療となります。そのことは対象疾患の拡張を意味し、より幅広いがんや腫瘍に用いられる特徴となっています。 「腫瘍の大きさによってガンマーナイフで治療が行えない」というケースや「神経のそばにあるからガンマーナイフでは行えない」というケースもがあるのですが、サイバーナイフでは治療可能とする事もあります。先ほど述べた様に、わずかなズレの克服がなせるものとなっているのです。 しかし、そこには最大の注意点があります。腫瘍が非常に大きい場合では正常組織をより傷つける可能性がある為サイバーナイフであっても治療できません。また、腫瘍の性質によっては、放射線治療が効果的でないというケースもあり全ての疾患が対象と言う訳ではありません。このサイバーナイフによる治療では、厚生労働省が認めた疾患に基づいて行われているものとなっています。