SURGERY

ヘルニアを治療

頚椎椎間板ヘルニアという病気を発症すると、主に首、腕、肩などに症状が現れるでしょう。その病気を綺麗に治療する為には、きちんと通院することが大事です。頚椎椎間板ヘルニアを解決する治療法にはいろいろなものがあるでしょう。

頚椎椎間板ヘルニアは、突如痛みを生じることがあります。その痛みを緩和する為にまずは安静をすることが重要です。腰に負担が掛かる頚椎椎間板ヘルニアは、腰の負担を最小限に抑えることで緩和することが出来るでしょう。筋肉が炎症を起こすことで痛みが生じるので、その炎症がひくまで待つのです。早期発見をした場合は、保存治療という治療法で短期間で完治することもありますが、患者によってはそうでない場合もあります。

頚椎椎間板ヘルニアを発症した際に、手術によって完治を目指す方法もあります。大掛かりな手術が必要となるので、手術をする際には最低2週間ほどの入院をするでしょう。この手術では、ヘルニアの全てを取り除くので、時間としては3時間ほど掛かることが多いです。ラブ法切開手術と呼ばれるこの手術は、合併症を招く可能性も出てきます。

症状として生じる強い痛みと闘いながらの治療となる頚椎椎間板ヘルニアは、治療をする中でも身体に負担を掛けたり、痛みが伴ったりするものです。その問題を改善する為に、保存治療と同様に、痛みを伴わない治療法の開発が年々進んでいると言われています。