SURGERY

病院での治療

がん治療を快適に受ける方法

がん治療においては、手術療法の他に、化学療法や放射線療法が主として行われます。がんの種類や進行状況によってどの治療が行われるかは異なってきますが、化学療法や放射線療法を行う場合は、時に激しい副作用を伴うこともあります。副作用が出る理由は、がん細胞だけでなく正常な細胞も攻撃してしまうからです。 近年では医療技術もどんどん高度となっており、それらは先進医療と言われていますが、先進医療の中には免疫療法も含まれています。 免疫療法は体の免疫力を利用して治療を行うため、副作用等も少なく体への負担が少なくて済みます。特に樹状細胞療法はがん細胞を攻撃する細胞を体の中で増やすことができるので、高い効果が期待できます。

樹状細胞療法の平均的な費用について

樹状細胞療法は、体外で増やした樹状細胞を注射で体内に注入する方法で行われますが、基本的には6回を1クールとして治療が続けられます。 現在ではいくつかの免疫療法が医療機関で実施されていますが、免疫療法に関しては全て保険適用外となっています。 自由診療の場合は医療機関ごとに治療費を決めているので費用はそれぞれ異なりますが、樹状細胞療法の場合は1クールで150万円程度が平均的な費用となっています。 樹状細胞療法は先進医療の位置づけなので、保険診療と組み合わせて治療を行うことも可能になっていますが、先進医療は高い効果が期待できる反面、保険適用外なので治療費も高額で数百万円かかることも珍しいことではありません。